~非モテ系脱出のための男性香水ガイド~

人気のメンズ香水比較 » 男性用香水にまつわるFAQ » ファッションブランドと香水について

ファッションブランドと香水について

このページでは、香水とファッションブランドについてまとめているので、トータルコーディネートの参考にしていただきたい。

ファッションと香水の関係

ファッションブランドで最初に香水を発表したのは、ポール・ポワレというデザイナーである。
ポール・ポワレが最初に「ロジーヌ」という香水をリリースしてから、他のファッションブランドも次々とフレグランスラインを発表するようになった。
その後、各ブランドはただ単に香水を発表するだけではなく、香水トータルのイメージを造りだすために、香りの調合からパッケージやボトルのデザインも手がけるようになる。

以下で代表的なファッションブランドとその人気香水について紹介しよう。

●シャネル
ココ・シャネルがデザイナーを務めていたファッションブランド。
オートクチュールという高級服を世界で初めて作ったデザイナーとして有名である。
1921年5月5日に香水「No.5」を発表。数字の5に縁起を担いで発売したという。

主な男性用香水
・アリュール オム スポーツ 100ml 11,500円(スパイシー系)
フレッシュ・ウッディ・スパイシー・センシュアルという4つの香りで構成されるフレグランス。爽やかさとスパイシーな香りが特徴的だ。
・エゴイスト プラチナム 100ml 13,000円(シトラス系)
レモンのような柑橘系から、次第にウッディテイストの香りに変化する。フレッシュな香りは女性にも人気があり、幅広い世代から支持されている。

●クリスチャン・ディオール
細くくびれたウエスト、ロングスカートドレスなど、斬新なデザインを発表。
DIORELLA、POISONなど香水を続けてリリース。
その後、メンズラインであるディオールオムを発表。
メンズ・レディース共に今もなおファッション界に影響を与え続けている。

主な男性用香水
・ディオールオム コロン 75ml 8,640円(シトラス系)
柑橘系の甘酸っぱさからホワイトムスクの香りに変化し、さわやかな白いシャツに似合う香りをイメージしている。
女性にも人気があり、パートナーと共有するのもオススメ。
・ディオール オム オードゥ トワレ 50ml 7,200円(ウッディ系)
ディオールオムコロンに比べて甘い香りが特徴的。ローズマリーとラベンダーが大人の色気を演出する。

●グッチ
グッチオ・グッチが創業したイタリアのブランド。乗馬の世界からインスパイアされたバッグ・靴などの革製品を中心にアイコンを発表。
1972年に「グッチ・パフューム・インターナショナル」が設立された。
ブランドの元祖と呼ばれ、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を入れたことでも知られる。
シンプルなデザインの一部に模様を入れるなど、遊び心あふれるファッションはグッチの代表的なシンボルとなる。

主な男性用香水
・グッチ ギルティ ブラック プールオム 90ml 12,960円(フゼア系)
若々しい男性を演出する官能的な香り。ラベンダーとオレンジフラワーを配合することで、エネルギッシュな力強さを感じさせるフレグランス。
・グッチ バイ グッチ プールオム 50ml 9,396円(シトラス系)
グレープフルーツとマンダリンの香調は、クールでセクシーな男性を演出。ほのかに香ることで、しつこすぎず女性受けもいい。

●ブルガリ
ソティリオ・ブルガリが1884年にイタリアのローマに創業した高級宝飾品ブランド。
1977年から腕時計の製造を始め、香水やアイウェア、バッグなどを取り扱うようになる。
1993年に、ブルガリからの最初の香水「オ・パフメ」を発表。
「緑茶の香り」として茶の湯の世界を表現したもので、これがヒットし、本格的に香水事業に乗り出すようになった。

主な男性用香水
・ブルガリ・ブラック 75ml 10,260円(スパイシー系)
ブラックティーとローズウッドが特徴的なフレグランス。バニラ系のほどよい甘さも香調している。男性にスーツなどフォーマルシーンに合う。
・ブルガリ プールオム 100ml 11,124円(ムスク系)
数多くあるブルガリの香水の中でもダントツの人気を誇る。ダージリンティーの香りが心地よく、シーンを選ばずにつけることができる。女性にも愛用者が多い。

●ランバン
ジャンヌ・ランバンが創業したフランスのファッションブランド。
約1889年にパリ・フォーブルサントノーレに帽子のデザイナーとして帽子店を開業。
開業後、ジャンヌ・ランバンの娘であるマリー・ブランジェのために作ったドレスが話題となり、それをきっかけに子供服の仕立てを開始。
1927年、香水「アルページュ」を発表しこれが大ヒット。事業を徐々に拡大させていった。
女性としてはじめてフランスの名誉ある最高勲章「レジヨン・ドヌール勲章」を受勲する。

主な男性用香水
・LANVIN エクラドゥアルページュ オム 100ml (シトラス系)
ベルガモットやライムを配合しており、シャープでフレッシュな香りからムスクへと変化する。
それほど持続時間は長くないが、サッパリとした香水を楽しみたい方にオススメだ。
・オキシジン オム 100ml (ウッディ系)
オキシジンとは、英語で酸素という意味。ヒノキ・スギ・エレミ樹脂を香調しており、森林浴をイメージした香りでリラックス効果もある。
シダーウッドのスパイスがアクセントになりハーモニーを奏でる。

●マークジェイコブス
1986年、初のコレクションを開催。2001年秋冬マーク・バイ・マーク・ジェイコブスのバッグをアメリカおよび日本で同時発売し、女性用の香水「マーク・ジェイコブス・パフューム」を発表。
2012年、日本フレグランス大賞のメンズ 部門を受賞した。

主な男性用香水
・マークジェイコブス メン 75ml 10,000円(フローラル系)
イチジクの葉をメインに香調、フローラルな甘さからシダーウッドのスパイシーな香りに変化する。男性の香水としては甘さがあるので、女性にもオススメ。
・マークジェイコブス バングバング 100ml 4,580円(シトラス系)
レモンやカルダモンのシトラスグリーンから始まり、爽やかなムスクの香りへ変わってくる。
ジャケットスタイルや夜のパーティなど、上品で大人な印象を演出したい男性のためのフレグランスである。

ファッションブランドとイメージ

香水といえば、マリリン・モンローが愛用したシャネルの「No.5」が世界で一番売れた香水だと言われている。
当時のファッションアイコンであったマリリン・モンローが使用していた香水は、たちまちファッションとして世界中に広まった。
シャネルの「No.5」以降、香水=ファッションの一部というイメージが浸透している。

クリスチャンディオール、グッチ、ドルチェ&ガッバーナなど、様々なブランドが香水を発表した。
多くのファッションブランドが、シンボルやイメージとしてフレグランスラインをリリースしている。
「このブランドといえば香水はこれ」というように、ファッションブランドと香水の関係は深く、歴史も長い。
流行り廃りが少ない香水は、香りを嗅いだ時に特定のブランドを連想させる大きな役割を果たしている。

ファッションとフレグランスラインの繋がりから、香水を選んでみるのもオススメだ。

ファッションとしてブランド香水を楽しむ

多くのファッションブランドが香水を展開しており、香水の匂いからファッションブランドを連想させたり、そのブランドのイメージとして大切な役割を果たしている。
例えば、シャネルの「No.5」などはすでに80年以上も売れ続けており、特にフランスでは香りを嗅いだだけでシャネルとイメージできる人も多いという。

また、ロゴやマークをあしらったボトルも数多く、インテリアとして飾る方も多いだろう。

1シーズンで終わるファッションよりトレンドの期間も長いので、同一商品で長年販売することができる香水は、ファッションや表現の一部としてファッションの延長線上のアイテム、最後を決めるアクセントとして重要なものだと言えるだろう。

目指すタイプ別おすすめ男性香水(公式サイトが開きます)

デートからビジネスまで!
モテさわやかメンズのオススメ香水3選
プレミアムパフューム
ストーリア
ブルガリ プールオム
エルメス ナイルの庭
夜、変身するならコレ!
攻めワイルド系メンズのオススメ香水3選
ブルガリ ブラック
エゴイスト プラチナム
アバクロ フィアース
コンテンツ一覧
 
人気男性香水の比較ナビゲーション