~非モテ系脱出のための男性香水ガイド~

人気のメンズ香水比較 » 男性用香水にまつわるFAQ » スーツと香水の関係性について

スーツと香水の関係性について

香水とビジネスシーンについてどのような関係があるのか、スーツのデザインと香りをまとめてみた。

香水の文化

「香水」は女性にとっては身近なものだが、日本のビジネスマンで香水を毎日身につけ、必需品として使っている人はそんなに多くないのではないか。

ビジネス的な視点から見れば、日本は香水が売れにくい国だと言われているという。
日本はスキンケア用日などの市場は欧米と肩を並べるかそれ以上の大きさだが、フレグランスとなると極端に小さくなる。

この差はどのような違いがあるのだろうか。

まず1つは、日本と欧米では挨拶の習慣が違うということ。
欧米ではハグをしたり、頬にキスをしたりという文化があり、人に近づく機会が多い。
その時の身だしなみとして香水をつける人が多いという。

また、気候や温度の関わりも大きい。
特に夏場は、欧米は日本に比べて気温が5~10℃ほど低く、香水をつけても汗による香りの変化がそれほどないという。

これらのことから、身だしなみやマナーとして日本のビジネスマンが習慣的に香水をつけること、オフィスで香水を使用することは「控えたほうがいいのでは…」と思うかもしれない。
しかし、実は香水にはビジネスにも有効な効果があるのだ。

ビジネスマンに欠かすことのできない、スーツと香水という視点からビジネスシーンに合う香水と香りの種類をまとめてみたので、以下でそれを紹介していこう。

ビジネスマンに有効な香水

ビジネスに有効な香水のつけ方とは?
ここでは、ビジネスに有効的な香水を紹介するので、参考にしていただきたい。

●シトラス系
シトラス系の香りには集中力を高め、気分を引き締めてくれる効果がある。
香りが流れている方が仕事の集中力が上がることも研究で判明しているので、大切な会議がある日などはシトラス系の香水をつけるのもオススメだ。

●フローラル系
ストレスや忙しい職場でイライラしてしまうこともある。
それを鎮めてくれるのが、フローラル系の香りだ。
フローラル系の香りには鎮静作用があり、緊張感をほぐしてくれるので、リラックスして仕事をしたい時につけてみよう。

●ウッディ系
クライアントや接待の時には、ウッディ系の香水をオススメする。
落ち着いた香りは気持ちを穏やかにして、相手に適切な対応ができるはず。
打ち合わせや交渉がある日につけてみよう。

香水を着ける際のポイントとしては、男性は女性に比べて体温が高いので、少量をつけること。
外出する30分くらい前につけると、ふんわりとした香りになる。
うなじ・手首・ウエスト・ひざなどにつけると、香水の匂いが効果的に続く。

また、上記のようにその日の目的に合わせた香水をつければ、仕事の効率的もあがるかもしれない。

スーツと香水について

ビジネスシーンで欠かすことのできないものがスーツだ。

海外では男性でも香水をつけることが習慣になっているが、日本では男性の愛用者はあまり多くない。「男が仕事中に香水をけるなんて…」と思っている方もいるのではないか。

だが、ビジネスシーンに合う香水というのは多くあり、香水をつけて仕事をしている男性が好き、という女性も少なくない。
仕事でも香水をつける、効果的なポイントをまとめてみたので、参考にしてほしい。

●スーツやジャケットに香水をつける
女性は髪の毛に香水をつけることがある。髪がなびくたびに香りが立ち上がるからだ。
それと同様に、男性の場合、スーツやジャケット、ネクタイの内側にワンプッシュの香水をつけるだけで、動くたびにふんわりと香りがたつ。

香水のタイプとしては、さっぱりとした石鹸の香りをオススメする。つけていて嫌味がなく、爽やかな印象を与えることができるだろう。
商品例:プラウドメン スーツリフレッシャー、クリーン ウォームコットン

●スーツのデザインと香水
スーツには大きく分けて、アメリカントラディショナルというアメリカスタイル、ブリティッシュスタイルやイタリアンクラシコなどのヨーロッパスタイルというタイプに分けることができる。
デザインやシルエット、素材などが変わってくるので、そのスーツのデザインに合わせたファッションブランドの香水を選ぶのもいい。

香水のタイプとしてはアメリカスタイルにはスパイシー系、ヨーロッパスタイルにはウッディ系やフローラル系がオススメだ。
アメリカはセクシーで大人のような甘い香りを好む傾向にあり、同様にヨーロッパでは深みのある香りを好む傾向にあるそうだ。
それぞれのバックグラウンドから香水を選ぶのも楽しみの一つである。
商品例:アバクロ フィアース(スパイシー系・アメリカスタイル)、クリスチャンディオール ファーレンハイトオードトワレ(ムスク系・ヨーロッパスタイル)

●世代ごとのスーツに合う香水
ビジネスシーン向けのメンズ香水で大切なのは「清潔感がある香り」だ。
20代~30代であればフレッシュさや若々しさを感じられるシトラス系の香水、30代~40代にかけては落ち着きや上品さを感じられるフゼア系の香水がオススメ。
フゼア系とは、ラベンダーやオークモス、ゼラニウムなどをベースとした香りの香水のこと。
周りの人とは違った香りで差をつけてみよう。
商品例:プレミアムパヒューム ストーリア(シトラス系/20~30代)、ブルガリ ブラック(フゼア系/30~40代)

世代によって、流行りのスーツや着こなしが変わってくるので、それに合わせて香水を選んでみてはいかがだろうか。

目指すタイプ別おすすめ男性香水(公式サイトが開きます)

デートからビジネスまで!
モテさわやかメンズのオススメ香水3選
プレミアムパフューム
ストーリア
ブルガリ プールオム
エルメス ナイルの庭
夜、変身するならコレ!
攻めワイルド系メンズのオススメ香水3選
ブルガリ ブラック
エゴイスト プラチナム
アバクロ フィアース
コンテンツ一覧
 
人気男性香水の比較ナビゲーション