~非モテ系脱出のための男性香水ガイド~

人気のメンズ香水比較 » 女性が注目する「ムスクの香り」とは?

女性が注目する「ムスクの香り」とは?

いくつかの香水に含まれている『ムスク』という成分は、一体どのようなものなのかをご紹介していこう。

もともとは薬!?甘い香りのムスクとは

ムスクの歴史

ムスク(musk)は、4000年の歴史を持つといわれる中国やインドなどで麝香(じゃこう)と呼ばれ、古来より薬や香料の原料として生成されていた。香水の本場であるヨーロッパにも6世紀ごろには情報が伝わっており、12世紀にようやく実物が伝来したという記録も残っている。

甘く粉っぽい香りを持ち、香水の香りを長く持続させる効果があるため、そのころから、香水の成分として重宝されていたようだ。

ムスクの生成・加工

ムスクは、シカの一種であるジャコウジカの腹部にある香嚢(こうのう)という部位から得られる分泌液を乾燥したもの。それ自体は1体あたりからおよそ30gほど採取できる、アンモニア臭の強い不快臭を持つ赤いゼリー状のものらしいが、乾燥するとアンモニア臭が薄れて顆粒状となり、薬としてはそのまま、香水にはこれをエタノールに溶かして、濾したものを原料としていたようだ。

ムスクの現在

その甘美な香りからジャコウジカは乱獲され、年間1万から5万頭も殺されていたらしい。そのため、現在ジャコウジカは絶滅の危機に瀕しており、ワシントン条約によってその商業目的の取引を制限されている。

ジャコウジカを殺さずにムスクを採取する方法もとられているが、採れる量には限界があり、市場に出回るそのほとんどが合成香料である合成ムスクが用いられるようになっている。

ムスクを使用した香水

その甘く深い香りから、女性からの支持を多く受けているムスクを使用した香水は以下のようなものがある。

プレミアムパヒューム ストーリア

ストーリア
25ml 6,300円

トップノート:オレンジ、レモン、グリーンティ
ミドルノート:ジャスミン、イラニラン、ミュゲ(スズラン)
ラストノート:ウッディ、アンバー、ムスク


ブルガリ プールオム

プールオム
100ml 10,700円

トップノート:シトラス、ダージリンティ
ミドルノート:ペッパー、ローズウッド、グァヤックウッド
ラストノート:ムスク


ラブアンドピース メン

ラブアンドピース
50ml 5,000円

トップノート:レモン、グリーンアップル、グレープフルーツ、ライチ
ミドルノート:ジャスミン、リリー、スパイシーローズ、シナモン
ラストノート:アンバー、シダーウッド、ムスク


アランドロン サムライ

サムライ
50ml 6,900円

トップノート:ジャスミン、ローズ、ヘスペデリック
ミドルノート:レッドペッパー、タラゴン、シダーウッド
ラストノート:サンダルウッド、ベチパー、バニラ、ムスク


Etc…

以上のように、ムスクはラストノートに使用されるので、家を出る前につけて外出するようにすれば、その甘美な香りを印象付けるのに効果的かもしれない。

その他のムスクを使用した香水を知りたい方はコチラ!

ホワイトムスクとは?

また、ムスクとは別にホワイトムスクというものを目にすることがある。ホワイトムスクとは一体何なのだろうか?

人に聞くと、「植物性のムスクの別名」だという人がいるが、ホワイトムスクとは、エタノールや精製水、天然精油などを含む香料で作られた、合成ムスクの通称のことで、正式な香料の成分ではない。

なので、ホワイトムスクと一言に言ってもその香りは様々で、ときにはブラックベリーのような香りや、アンブレットという花のような香りがするものもあるようだ。

名称に関しては確かなことは分からないようだが、「合成ムスク」と呼ぶにはマーケティング上あまりイメージが良くないので、清潔感のある香りやもともとの外見が白っぽい淡黄色の結晶であることから、いつしか「ホワイトムスク」と呼ばれるようになったという説が有力のようだ。

目指すタイプ別おすすめ男性香水(公式サイトが開きます)

デートからビジネスまで!
モテさわやかメンズのオススメ香水3選
プレミアムパフューム
ストーリア
ブルガリ プールオム
エルメス ナイルの庭
夜、変身するならコレ!
攻めワイルド系メンズのオススメ香水3選
ブルガリ ブラック
エゴイスト プラチナム
アバクロ フィアース
コンテンツ一覧
 
人気男性香水の比較ナビゲーション