モテる男は香りから!
女性ウケする男性香水はコレだ!

人気のメンズ香水比較 » 男性用香水にまつわるFAQ » 知っておきたい香水用語

知っておきたい香水用語

香水は、大人の身だしなみとして大切なもの。しかし、香水に関する用語について分からないまま使用している方も多いのではないだろうか?例えば、香水売り場に置いてある白い紙にも用語が付けられているのをご存じだろうか。用語を知ることは、正しい知識で香水を使用することももちろん、香水選びにも役立つものになる。

そこで今回は、香水をこれから使う人、現在使っている人に向けて知っておきたい香水用語10種類の意味を解説する。今後の香水選びの参考にしてくれ。

知っておきたい香水用語

フォーメン,プールオム,ウオモ

男性用香水を示す用語は、英語でフォーメンと呼び「For men」と書く。また、フランス語ではプールオム、イタリア語でウオモと呼ぶ。それぞれプールオム「Pour Homme」、ウオモ「Uomo」と書き、どれも男性用香水と同じ意味を表す。海外ブランドの香水では、そのブランドの国によって呼び名が異なる場合があるため、少なくともこの主要3つの用語は覚えておくといいだろう。

ちなみに、女性用香水は、英語でフォーハー「For her」と呼ぶ。女性へのプレゼントを選ぶ際に、きっと役に立つだろう。併せて覚えておくといい。

コフレ

コフレは、フランスの言葉で容器や箱のことを指す。そして、香水用語では、香水を入れる箱=ギフトセットという意味がある。また、一般的にコフレは、香水だけでなく化粧品なども封入しているものを指すことが多い。香水の聖地フランスでは、香水瓶そのものをコフレと呼ぶことが多いのでこちらも併せて覚えておこう。

テイスティング

購入前に、試しに香水を付けて香りを確かめることをテイスティングと呼ぶ。料理でも用いられる言葉のため、覚えておくと便利だ。

ムエット

ムエットは、匂い紙を指す言葉だ。具体的には、香水売り場に置いていてる細長い紙のことで、テイスティングの際に使用する。

フォーミュラ

フォーミュラは調香師用語で、香水の処方箋という意味が含まれている。香料の配合比率といった詳細なデータが記載されており、それを基に香水が作られる。

アコード

ご存じの通り、香水には複数の香料が含まれている。アコードは、香料のバランスを示す用語のことだ。例えば、アコードの取れた香水という場合は、バランスの良い優れた香水という意味を指す。なお、アコードに関する基準は特にないので注意しておこう。

アブソリュート

アブソリュートは、香水に使用する成分を指す。まず、植物性の材料をベンゼンなどの揮発性の溶剤で抽出し、抽出した溶液から溶媒(抽出に使用した物質)を除去。続いて、エチルアルコールで精油を抽出し、アルコールも除去したものがアブソリュートである。有名なジャスミンオイルは、アブソリュートに分類される。また、アブソリュートの反対語は、よく聞くであろうエッセンシャルオイルになる。(精油)

合成香料

石油などを使用して人工的に作られた香料を合成香料と呼ぶ。また、精油の主成分を蒸留した単離香料も合成香料に含まれる。

調香師

パヒューマーとも呼ばれており、香料の調合および香水を作る職業を指す。また、調香師は、香料の香りを嗅ぎ分けるスキルや、香料、素材の化学的知識も持っているのが特徴だ。通常は、化粧品会社などの香水を作る会社で働いていることが多い。

オルガン

調香師が使用している調合台をオルガンと呼ぶ。香料瓶は数百種類程度あるため、直線の台では都度移動しなければいけない状態となる。そのため、オルガンは効率良く香料瓶を取り出すことができるよう、調香師を囲うような形状になっているのが特徴だ。

【タイプ別】女性にモテる2大香水

楽天ランキングで連続1位の人気商品!
爽やかさと大人の色気を両立した、
「女性にモテる香水」の決定版!

プレミアムパヒューム
ジーノストーリア

プレミアムパヒューム ジーノストーリアの製品画像

バニラの香りで大人のセクシーさを演出
勝負の夜を決めるマストアイテム!

ブルガリ ブラック

ブルガリ ブラック商品画像
コンテンツ一覧